定例の温泉旅行 -1日目-

ボーナス後の恒例のショクモン温泉旅行に行ってきました。
「ショクモン」って前にも書いたことあるかもしれないけど、職問(職場に問題ある人達の集まり)⇒食問(食を問う会)に変わった集まりです(笑)

忘年会続きの毎日。昨日も飲みすぎましたが今回は、二日酔いではない。
ただ、遅い時間まで飲んでいて眠~い。
今回は、雲仙へ。出発前に、まずランチ^^;
お昼は早めに大橋のチャイニーズキッチン「CHINA」で。
画像

五目あんかけパリパリ焼きそば
みんなそれぞれ、違うものを頼んだけど、一口ずつもらって満足(^^)
ランチの後は、宿での飲み物、つまみ系をグルメシティでGET

いよいよ出発。
那珂川の山越えをして、東背振から高速で行くことに。
高速に乗ったら、満腹感もあり、気持ちよ~く、私は後ろの席で違う世界へZzzz…^^;
行きの車の中はほとんど睡眠。だって帰ってきたの今朝の4時なんだもん(言い訳)
Sチンほとんど運転させてごめんね~

今回の宿は雲仙「富貴屋のはなれ 久次郎」
"望星の間"で九州最大級の樽風呂(直径210cm)がついてるお部屋でした。
画像
画像

ライトアップされた竹を見ながらゆっくりとお風呂に入るのは最高!!
お風呂は内風呂にひのき風呂があり、外の樽風呂は、大人6人が同時に入れる大きさで充分な広さ。

宿周辺は、温泉地獄。硫黄の香りと、噴煙がモクモクです。
画像

宿の裏は、まるでホテルの庭のように温泉地獄が広がっており、散策もできるようになってます。
部屋は広々としていて、嬉しいことにコタツまであるし、手前には和室があり、これとは別にベッドルームもあり。
画像
画像


到着して、まず大浴場で体をあたため、その後は足つぼ、肩、腕などマッサージを30分(^^)
ゆっくりと癒される時間でした。
今まで、九州内の温泉色々と行ったけど、個人的に雲仙の泉質が、一番好きかも。
さらっとしていて、お肌はしっとりもっちりなった感じ。
しかも、冬で寒いというのに、温泉あがった後も、体がポカポカとして湯冷めする気配なし。

夕食はホテル本館のレストランで。
結構豪華な食事。写真は既にテーブルにセッティングされてたもの。
画像
画像

画像
画像

(写真右下)温泉たまごの乗った茶そうめんのあるお皿はやまぼうしサラダと言って、添えられているドレッシングを全体にかけて食べます。茶そうめんがパスタのアルデンテのような感じでGOOD!!

ふと見ると、何気に箸袋がかわいい
画像
画像

島原名物の具雑煮も美味しいかったです。

そのほかにバイキング形式で、「〇〇ができました~」とスタッフが説明して提供されるので、アツアツのものを頂くことができました。
画像
画像


本館フロント前と別館へ通じる廊下
画像
画像

部屋に戻って、飲みの態勢に。
ここからはエンドレスで、飲み続ける私たち^^;
そこに「クリスマスケーキ」が何故か運ばれてくるし。
画像

7月生まれの2人が、サプライズでこっそりと準備してくれていました。
サンタはこなかったけど(笑)嬉しいクリスマスプレゼントのような気分(^^)
スパークリングワインとケーキでイブ、イブ、イブに"Mery X'mas!! "

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック